スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山県の議員視察団が岩手へ

3/22の岩手での記者会見の報道は、岩手日報が記事にしてくれたようです。
まだ私は見ていませんが、「しっかり書いてくれた」と青木さんは評価していました。
PDFを入手したら、すぐに紹介いたします。

26日に、富山県の議員視察団が、岩手県に入ります。
県議2人・市議2人・町議1人の合計5人です。

市議の1人は、瓦礫測量の関係に勤務した経験のある技術者で、1週間ほど前に滑川市長に対して、「がれきの現状は曖昧。がれき現地調査が必要」と発言した方です。

26日午後4時半に岩手県庁での質問会議。
27日車で盛岡から山田町ガレキ選別場に行き、がれき計測と質問をします。

青木さん作成の応用地質に対する監査請求書は、この議員団にすでに渡っています。
岩手県が、住民からの情報開示請求に対して、がれきの量を黒塗りで消してきたことも伝わりました。

そして、2社のマスコミ(TV)が同行予定です。

さあ、がれき受け入れに反対する議員団が、どう行動を起こすのか。。。
富山のマスコミが、どう取り上げるのか。。。
岩手県が、どう対応するのか。。。

これは見ものですね!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。