スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手県から(24日の学習会)の報告

岩手県宮古市の学習会の様子(写真)と現地の声を紹介します。


青木さん講演写真
http://savechildosaka.web.fc2.com/i/130224.iwate.aoki.jpg

下地さん講演写真
http://savechildosaka.web.fc2.com/i/130224.iwate.simoji.jpg

現地の声↓ ↓(※重要です)

平成25年2月 山田町在住の方による、山田町でのリサーチです。 

48歳 主婦
がれきは、復興の妨げになっていない。
仮設住宅に住んでいるが、いつ出ろと言われるか、行くところがない。
年配者はお金を払えないから、家も建てられない。
山を削って家を建ててほしい。
気兼ねなく生活できる家が欲しい。

62歳 主婦 他3名
がれきを他県に持ち出さず、地元で雇用を生み出すようお願いしたい。
がれきが無くなっても見えなくなるだけ。復興にならない。

75歳 主婦
復興とは、高台に家を建ててもらい、病院を建ててもらうこと。
がれきは、かまわないでおけ。苦にもならない。
仕事がない人たちが、勝手にやってること。

53歳 主婦
あそこ(がれき置き場になっている、船越のクジラ館)はもともと公園だったとこ。復興には関係ない。
最初に住むところを確保すること。お金がない人は住むところがない。
100人に聞いても誰もがれきが復興という人はいない。
産業のためにやることの方が優先。公園などはあとまわし。あそこに加工場ができるわけでもなし。(憤慨している。)

63歳 女性 
きれいになるということは復興のスタート。
大槌はがれきを埋めて公園にする。
今、NPOの問題で山田は最悪。町民は泣かされている。
第三者が入って助けてほしい。
原発反対。

38歳 男性
町の中に建物が建つということが復興。
そして最終的に処分すればいいこと。
物とかお金ではなく、ソフト面で手助けしてほしい。
今、山田町はレベルが低いので自立を手助けできるような講演会などをしてほしい。
10年後、20年後のことを考えてほしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう一つ、岩手県宮古市の仲間からの報告(FBの投稿)↓↓

本日(25日)18時から、岩手県盛岡市、駅近アイーナ6階和室(607)で、震災がれき等の放射性物質の焼却についての学習会があります。
昨日、宮古の学習会に参加された盛岡のかたからの感想と、ご案内です。
「広域化を許すことは、お金の問題だけでなく、焼却の基準値をゆるすことにもつながってしまいます。
焼却は、汚染が厳しいところほど深刻な問題です。ここ盛岡も。
この住民監査請求は、広域化、そして焼却問題の一助になると私は思います。
平日6時からと不便な時間帯で申し訳ないのですが
反対などのご意見がある方も、どうぞ一度参加してみてくださるようお願い致します。 」

※賛同していただける場合、印鑑が必要になります。
※東京新聞24日に、ちょうど住民監査請求について説明が2面にわたり載せられておりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。