スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境省 最新情報

環境省が広域処理の最新情報を出しましたね。
http://kouikishori.env.go.jp/news/index.html#news130125

↓↓ 17ページの表14を見てください。
http://savechildosaka.web.fc2.com/i/130125sinchoku.pdf

表には、「可燃物・木くず」の推計量が83万トン、処理量が30万トンとあります。
ということは、12月末現在の「可燃物・木くず」の量は、53万トンということになります。

私が岩手に電話で聞いた量は、56万トンでした。11月末の時点と言っていたので、1ヶ月で3万トンの処理が進んだと考えると、だいたい数値的には合致します。

表の14には、可燃物と木くずのそれぞれの量は示されていませんが、私が聞いた56万トン(11月末)のうちの木くずは12万トンだったので、12月末の木くずは11万トンぐらいと推測できます。

53万トン - 11万トン =42万トン 

大阪が受け入れる可燃物の量は、12月末で約42万トンということです。

このように、今回の発表で可燃物の量は分かりましたが、処理可能量のついては明記されていません。

太平洋セメントなどで、どれだけの可燃物の処理が可能か、その公式発表がないまま、広域処理政策を進めるのは根拠に欠けます。


それから不可解なこともあります。

http://kouikishori.env.go.jp/news/pdf/20130125c.pdf
↑ 資料2の表を見てください。
岩手県の焼却処理量(計)は18.4万トンになっています。この表は12月31日です。

しかし、以下の別途1の表を見てください。
http://savechildosaka.web.fc2.com/i/121214kannkyou.sinchoku.p1p8.pdf
同じところ、焼却処理量(計)は、19.7万トンです。この表は11月30日です。

なぜ、11月より12月のほうが処理合計量が減るのでしょうか??

環境省のやることは、全く信じられないです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。